大学編入試験の受験を考えている方への基本情報

大学編入試験の受験を考えている方への基本情報

編入試験とは、一度大学に入ったが、別の大学に興味が出てきたときに受けることのできる試験です。
仮面浪人であれば、一回生として過ごしつつ、再度私立の入試を受け、国公立希望者であればセンター試験・二次試験を受け、晴れて合格すれば再度その大学の1回生としてスタートしますよね。

しかし、編入試験では、例えば大学2回生の11月ごろに試験を受けて合格した場合、春になると三回生として合格した大学がスタートします。
また、2回生までに履修していた単位は、移った大学の単位として認められます。

もちろん、すべての単位が認められるわけではありませんが。
ここまで、編入試験のメリットについて述べてきましたが、やはりこれだけ魅力的であると、当然難易度は高いです。

受ける大学にもよりますが、大学2回生までの専門知識を求められたり、資格試験(TOEICなど)が点数化される場合もあります。
さらに、編入試験受験者には、社会人の方も多くいらっしゃいます。

社会人がいるから試験が難しいとは限りませんが、やはり、仕事を経験してきた社会人の、結果を出すスキルというのは大学生を上回っているのではないかと思います。
また、編入試験は情報戦と言われます。

大学入試のように、たくさん予備校があって、ネットの情報が溢れていて、周囲の人たちも同じく受験者でということはないです。

受験者の母数が少ない分、予備校の数も少なく(また、高額)、ネットの情報も少ないのが実情です。
周囲が大学生を満喫している中、自分は勉強に励まないといけないという孤独も味わうことになるかもしれません。

それでも、環境を変える意味を見出している・第1志望であったあの大学にどうしても行きたいなど、強い意志を持っているなら、ぜひチャレンジしてみたらいかがでしょう。