大学現役合格のためにするべきことは

大学現役合格のためにするべきことは

実際に学校見学をしてよく考えて、志望校を決定することが現役合格のための重要なポイントだと思います。
試験問題は大学によってかなり異なります。

私は志望校を早く定めることで、試験問題を研究することができて、問題内容に慣れることができました。
また、その大学を受験したことがある先生や先輩に受験当日の様子を聞いて、受験当日の様子に慣れようと努めました。

試験問題は大学によってかなり異なります。

志望校を早く定めることで、試験問題の研究ができて、問題内容に慣れることができました。
実際に合格が発表されたときは、それまでの努力が報われて、プレッシャーから解放されて心の底から嬉しかったです。

大学では自分が興味のある勉強を究めれば良いので、受験勉強時に比べて勉強を苦だと感じることはありませんでした。
大学に入ってからは、時間にもだいぶ余裕ができたので、サークル活動やアルバイトも存分に楽しんでいました。
大学受験は人生の一大事で、私にとって最高の成功体験になりました。

自分で目標を決めてそれに向かって計画を立てて1年以上かけて取組んでいき、それを成功させることができたコツは社会人になった今も大いに活かされています。
この成功体験は今でも自分自身の自信になっています。