大学受験期間を乗り越えるためには勉強方法よりまずはモチベーション

多くの人が経験するであろう受験ですが、気持ちの焦りとは裏腹になかなか継続できないのもつきものかと思います。
受験勉強になかなか集中できない原因は多くありますが、まずは期間の長さがわかりやすい原因の1つだと思います。
普段のテスト勉強であれば長期的に勉強するとしても1ヶ月前後ですが、受験勉強は長い人であれば年単位で勉強していることと思います。
ましてや競う相手は身近な人だけではなく、見ず知らずの人も含まれるとなればモチベーションが下がる要因は揃っています。

しかし、この受験期間を乗り切るときに他人を気にしすぎると長続きしません。
もちろん、他者と比較した偏差値や点数などは気にした方がいいですが、どんな人と競っているのかを気にしすぎると本来の目的を見失いがちです。

前述したとおり受験勉強は長期に渡ります。
そのため、本当に闘うべき相手は自分自身の欲なのです。
自分が持っている欲、「~をしたい。」ということを我慢できるかどうかが乗り切るコツです。

ほんの小さな欲を我慢して、意識を勉強に向けることを日々積み重ねていった結果が合格へと繋がっていきます。
大きな目標を大成させるためには、まず小さな目標を1つづつ日々の繰り返しの中で成功させてみましょう。