英作文問題集の逆転活用により英文和訳嫌いを克服しよう

英作文問題集の逆転活用により英文和訳嫌いを克服しよう

英文和訳が苦手な学生、きっとたくさんおられると思います。
いきなり読みにくい英文から始めることがハードルを高くしているのです。

だからといって中身の薄い簡単な文章を和訳しても効果的な勉強にはなりません。
ではどうすればいいのでしょうか。

それは、中身は濃いけれど簡単な文章を和訳することをスタート地点にすればいいのです。
そしてその文章が英作文問題集の模範解答なのです。

英作文問題集といえば、日本語を英語に訳すためのものです。
それを敢えて逆に用いるのです。

まず解答を見ます。
そこには当然英文が書いてあります。

それを日本語に訳すのです。
そして自分の書いた日本語と問題文の日本語と比べます。

この勉強方法はかなり効果的だと思います。

その理由は、ほとんどの場合、長くても五、六行の英文なので、英語が得意ではない人には適度な長さです。
そして長くないにもかかわらず、文章の中身にはそれなりの意志、主張が込められています。

英文和訳をする際、単語の意味は分かる、構文も分かる、でもうまく日本語にできないということがよくあります。
答えの訳を見ても今一つピンとこず、自分の答えが、正解なのか、不正解なのか、判断できないことも多いでしょう。

でもこの勉強方法ならそこが改善されるのです。
元々日本語ではっきりと意味の取れる文章を英語に直したものを和訳するわけですから、正解、不正解の判断は容易です。

しかも英文和訳の模範解答から感じる違和感を全く感じません。
また英文そのものについても、分かりやすさを重要視して書かれているので、読みやすいんです。

しかもこの勉強方法を繰り返した後、英作文能力も向上しているでしょう。
英文和訳嫌いの学生たちの突破口になってくれればありがたいです。