大手の学習塾と個人経営学習塾の長所と短所

ネットや口コミなどを参考にしながら塾を選ぶことが多いと思います。
高校や大学の合格率、成績保証などをうたっている学習塾もありどの塾を選ぶのか迷うところです。

ネット検索ではなかなかヒットすることのない個人経営の塾もあることも事実です。

大手の学習塾の長所として一番大きなものは情報量の多さでしょう。
生徒数も多いことですし情報を得る方法もたくさん持っているはずです。
特に受験を考えた時に情報は大きなポイントとなる部分です。

一方で個人学習塾では情報量は少なくなりますが、生徒一人ひとりと向き合う姿勢が大手よりもしっかりしていてより細かな指導をしているように感じます。
情報をとるかより丁寧な指導をとるかは好みによるのかと思われます。

短所に関しては、大手学習塾では講師の多くが大学生のアルバイトであるという点です。
大学生だから必ずしも悪いというわけではなくきちんと責任と自覚を持ち指導してくださる先生も多いとは思います。

それでも中には他のアルバイトよりも時給が良いという理由だけで塾で指導している方もいらっしゃることは事実です。
また、授業料が少し高価であったり短期講習を必ず受講しなければいけない、最低受講しなければいけないコマ数が決まっていたりする場合もあるようです。

個人学習塾の場合、講師が一人の場合が多く都合でお休みなることやレッスン時間の変更などがある点。
また、自宅の1室で指導している先生も多く、私生活が見える場合もあるようです。

そのことで生徒との距離が近すぎてしまいけじめがなくなる場合もあるかもしれません。