失敗しない予備校選びとは!現役生や浪人生必見!

失敗しない予備校選びとは!現役生や浪人生必見!

私は現役時代に冬期講習、夏期講習なども含め、高校三年間の間に3つの予備校に通いました
その3つとは、駿台、河合、東進衛星予備校です。

受験生、浪人生の方には予備校選びに迷っている方が多くいらっしゃると思いますので、それぞれの予備校の良い点、悪い点を紹介します。

そこで、失敗しないための予備校選びをご紹介します。

 

駿台(福岡校)

やはり、大手というだけあって、教師のレベルは非常に高いです。
福岡に常駐の先生に加え、いつもは東京などで教えている先生が長期休暇に特別授業に来られることも魅力です。

また、施設が新しく、落ち着いた雰囲気で授業を受けられます。
その一方、生徒数が多いため、先生方の指導が個々人になかなか行き渡らない部分があります。

質問等の積極性のある方におすすめです。

 

河合(福岡校)

河合は、他などの予備校と比べても教材(テキスト、テスト、プリント)のレベルが非常に高いです。
良問が揃っているため、かなり力が付きます。

ですから、質問や授業内容の確認をしに行くのが躊躇われら方でも、教材をちゃんと消化すれば十分に力は付きます。

 

東進衛星予備校(鹿児島中央町校)

トップ講師によるビデオ授業なので、授業のレベル自体は3つの中で一番高いです。
また、映像授業なので部活などで忙しい方も遅くから受けたり、家で受けたりできるためおすめです。

しかし、教室に常駐している先生のレベルは校舎による差が大きいのが現実です。
質問受けをしてくれる助担任(大学生アルバイト)も、優秀な先生やそうでない先生がいます。

以上、3つの予備校について書きました。

悪い点も書きましたが、いずれも「強いて言えば」レベルのもので、どの予備校に行っても力をつけることはもちろんできます。
この記事が皆さんの予備校選びの力になれれば幸いです、